産科

つわり・妊娠悪阻(おそ)

妊婦さんの大半が経験する初めの壁は、『つわり』です。


『つわり』の症状は、早い人では、妊娠5週から始まります。ピークを迎えるのは、妊娠8~10週頃です。
『つわり』の主な原因と考えられているhCG(ヒト絨毛性ゴナトトロピン)の分泌量がピークを迎える時期と関係があると言われています。

皆さんが妊娠検査薬で陽性と確認できた時は、このhCG(ヒト絨毛性ゴナトトロピン)が分泌されていることを表しています。

『つわり』を引き起こす主な原因ですが、hCG(ヒト絨毛性ゴナトトロピン)が嘔吐中枢へ刺激することで『つわり』を引き起こすという説が有力です。このホルモンは、胎盤になる絨毛から分泌されます。

そのため、『つわり』の症状は、胎盤が完成される妊娠16週までに遅くとも消失していきます。
しかし、『つわり』には個人差が大きく、重症化し脱水症状や栄養不足といった病的な状態を『妊娠悪阻(にんしんおそ)』といいます。


『妊娠悪阻(にんしんおそ)』とは?

・妊娠前より5%以上の体重減少を認める
・ふらふらして歩けなくなる
・尿がほとんど出なくなる
・食物も水もほとんど摂取できない

上記の症状を認めたら、早期に受診をして下さい。

必要に応じて、尿のケトン体を調べたり、点滴治療を行います。

特に、尿のケトン体が陽性である場合は、『妊娠悪阻(にんしんおそ)』の診断として点滴治療が必要です。

『妊娠悪阻(にんしんおそ)』では、点滴以外に、症状に応じて漢方、ビタミン剤、制吐剤を処方します。

口から物を食べられる場合は、スポーツドリンクやカロリー補助食品の摂取についてご案内することもあります。


『妊娠悪阻(にんしんおそ)』 続き
尿のケトン体が強陽性の場合は、入院による持続的な点滴治療をお勧めします。

特にビタミンB1欠乏による『ウェルニッケ脳症』と呼ばれる重篤な合併症は、下記の症状を認めます。

・意識障害
・眼球運動障害(眼球が動かない)
・小脳失調(体がふらふらして倒れてしまう)

『ウェルニッケ脳症』を合併した場合、記憶力が著しく低下する健忘(けんぼう)をきたす『コルサコフ症候群』と呼ばれる後遺症が残ることがあります。

従って、『妊娠悪阻(にんしんおそ)』が重症である場合、入院による持続的点滴(ビタミン剤、栄養素を含む)、採血で肝機能、腎機能、電解質の異常を調べます。

必要に応じて総合病院へ紹介し、内科的な精査、入院加療をお願いさせて頂くこともあります。
つらい症状でお困りなこと、不安なことがございましたら、医師、助産師、看護師にお知らせ下さい。