産科

無痛分娩

『無痛分娩』とは、麻酔などを使用して痛みを和らげながら出産する方法です。


最近、『無痛分娩』という言葉をよく耳にしませんか?

『無痛分娩』とは、麻酔などを使用して痛みを和らげながら出産する方法です。

出産の痛みは、子宮の収縮による陣痛と、赤ちゃんによる圧迫による痛みです。
当院では、麻酔を用いてこれらの痛みを和らげながら出産します。

『無痛分娩』にはいくつか方法がありますが、当院では、腰部よりカテーテルと言われるチューブを入れて麻酔薬を投与する『硬膜外麻酔』による方法を採用しています。この方法は鎮痛効果も強く、赤ちゃんへの影響もほとんどありません。


昨今、『無痛分娩』の危険性に関してもいろいろな情報がありますが、適切に扱えば、快適なお産を迎えることができます。

当院では、まず『無痛分娩』が可能かどうかを見極めて、十分な説明を行います。
ご家族でよくご相談していただき、ご納得いただいてから予定を組んでいきます。

・通常分娩、帝王切開、無痛分娩含め、2000件以上の分娩に携わる院長が対応いたします。

・麻酔も施用できる産婦人科専門医として、無痛分娩や緊急時(緊急帝王切開)には、迅速な手術や対応が可能です。

・妊婦健診の時から分娩まで母体の経過の把握や母体の状態をよく知っている産婦人科医が、麻酔の量をコントロールしながら一人一人に合わせた無痛分娩をしていきます。

・お母さんと赤ちゃんを優先し、安全面を第一とした無痛分娩の方法を採用していきます。


『無痛分娩』を分娩方法の選択肢の一つとして考えていただければと思います。

ご希望のある方は、医師にお申し出ください。
迷っておられる方、ご心配な点がございましたら、まずはご相談ください。