婦人科

ステップ1 【10代~20代】

ステップ1 【10代~20代】

10代から初経を迎え、月経に関する悩みが中心となります。月経の量が多い、期間が長い、激しい月経痛により学校生活に支障をきたす場合は、鎮痛剤、漢方、止血剤、ピルによる治療方法についてご説明させて頂きます。

特にピルは選択肢が増え、1ヶ月毎に軽い月経を発来させたり、最長120日まで月経間隔を長くし、月経時の不調の回数を減らす治療もあります。ピルで妊娠しにくくなることはありません。

「産婦人科=内診をする」わけではありません。お腹から超音波を当てて、将来『不妊』の原因となり得る『子宮内膜症』の有無を診察します。患者様と相談しながら、診察内容を選択していきます。