婦人科

ステップ2 【20代~30代】

ステップ2 【20代~30代】

子宮の入口に発生する『子宮頸がん』は症状がないため、2年に1回 は子宮頸がん検診をお勧め致します。
細胞の『異形成』が発見され た場合、『ヒトパピローマウィルス』の高リスクタイプの感染を調べます。子宮頸がんのハイリスクの有無、組織診の必要性、経過観察の頻度が分かります。

当院では『ブライダルチェック』(成人式・ご結婚の節目)として、子宮頸がん検診、超音波検査による子宮・卵巣のチェック、性感染症検査、採血検査(風疹ウィルス抗体・B型肝炎・C型肝炎・HIV含む一般検査)も行っております。

また、妊娠しにくい場合でも、一人一人の状態に合わせた『不妊治療』も行っておりますので、悩まずにご相談ください。